【アニメ】HUGっと!プリキュア 第37話「未来へ!プリキュア・オール・フォー・ユー!」【感想】

「プリキュアの美しき魂が!」
「邪悪な心を打ち砕く!」
「そして輝く未来を、切り開く!!」

究極のオールスターズ。

アバン無しでスタート。OPは映画宣伝映像に。ラブリービームで笑うわ。おいおい、凄まじい勢いでハードルが上がってきたぞ……。

さて、秋のオールスターズ後半戦は演出にタナカリオン、作監に青山さんというレジェンド布陣。
トラウムによって次々と時を止められていく世界。プリキュア達は奮戦するが……。
マジカルの落ち芸、今回もしっかりあってほっこりする。

マカロンジュリエンヌやショコラの板チョコソード等懐かしい技も。パルフェもしっかりレインボーリボンを使っていましたね。
相変わらずドリームのシューティングスターの出鱈目な軌道かっけぇ。
スタースラッシュの上で腕組んで立つピーチ、オトコマエ過ぎませんか。
しれっと当時のBGM使われてた?

ここで駆けつけてくる初代。ブラックとホワイトだけでなく、ルミナスもちゃんと名乗ってくれただけでなくハーティエル・アンクションまで。有り難ぇ。

なおも拡大するトラウムのメカの力に押されていくプリキュア達。だが、みんなを自分を励ます応援が活路を開く。あれ、完全にミラクルライトを振る想定でしょ……。
はぐたんの力も相俟って、遂にプリキュアオールスターズが集合する。

まぁ、それは事前に判っていた展開なんだけど、花弁が舞ってプリンセスプリキュアがスカートを持ち上げる変身バンク差し込んでくるわ、BGMがプリンセスエンゲージだわ、フローラが決め台詞喋ってくれるわで駄目でしょこんなの……一発で涙腺死んだわ……(´;ω;`)
お覚悟確認有り難うございます有り難うございます!!

更にラブリーも声有で参戦。ラブリービーム、相変わらずの強さである。ピンキーラブシュートは声無かったのにパンチングパンチは雄々しく叫んでましたね。いや、ラブリーのイメージって、そっちだけども。

ここから初代OPを挿入曲にオールースターズバトルが開始。もうね、ワンカットワンカットが豪華過ぎて気がふれそうになる。
敵側もいつの間にか再生怪人だらけになっとるぞ。

・囮になるベリーソード
・高校生トリオに違和感無く混ざるエース
・ローズの大地砕き
・シールド要員集合
・ホイップデコレーションに拍手するリズムとハニー
・ブロッサムとフローラ花の共演
・弦楽器合体攻撃
・チェリーフラメンコ/シャーベットバレエ/ロリポップヒップホップ/マカダミアフラダンス
・ルビー/サファイア/トパーズスタイル
・川村さんデザインピンク集合
・オールピンクアタック
・パルテノンキック
・お尻パンチ

等々、豪華な絵面が次々と。
『まほプリ』や『ハピプリ』のフォームチェンジは本当に一瞬のものもあって、スロー再生で見ないとロクに判らないものも。えげつねぇ……。

『スーパースターズ』ではモフルンと手を繋がずに変身する描写がちらっとあったことが一部でもにょられていたが、今回はしっかり繋いでましたね。流石タナカリオン。

エースは戦隊に出てるんだから呼べば出てくれそうにも思うのだが、ハートが喋らないんだから喋らせられないってことなのかな。

プリキュア達の諦めない思いが奇跡を呼ぶ。はな達がずっとつけているお揃いのブレスレットをベースにしたプリキュアミライブレスが誕生。発動するはプリキュア・オール・フォー・ユー。
バンクが無かったんだけど、どういう扱いなんだろう。玩具にはちゃんと音声が入っているみたいだし、バンクは次回お披露目ってことなのかな。

で、プリキュア達の力を集結させるわけですが、まさかの55人+αですよ。

・キュアペコリン
・キュアモフルン
・満&薫
・ロイヤルキャンディ
・キュアエコー
・ピカリオ
・キュアフラワー
・キュアテンダー/アロ~ハプリキュア
・レジーナ/ビブリー/サウラー/ウエスター/音吉さん/ゆい/校長

お前、それはアカンやろ……。全ての涙腺を破壊すると言わんばかりのオールスターやんけ……(´;ω;`)
キュアモフルンは下半身だけ、満と薫は後ろ姿だけってのが、また心憎い。
大撃破されたトラウムさんの出番はこれで終わりかな。ちゃんとルールーのフォローが入ったのは良かったですね。

EDはやはり今回も映画仕様。
何がビックリするって原画が3人しかいないってことなんですよね。まぁ、青山さんと板岡さんだけで10人分くらい働いてそうだけど。
この豪華な内容でもこれだけの原画しか用意出来ないってのは映画もあるし、通常話のクオリティも落とせないからってことなのかな。

明らかにリソースが足りてないんだなってカットは色々あったけれども、過去の映像を引っ張り出してきたりして上手く繋いでいたなという印象。ピーチの回転アタックとかOP映像からでしょ多分。

問題はこれが映画より良かった……というオチにならないかですよね。宮本監督、大丈夫か、タナカリオンが全力で勝負を仕掛けてきたぞ。
タナカリオンのツイートを見る限りでは、案の定納期ギリギリのギリまで粘ってたっぽいな。
やり遂げたタナカリオンが意気揚々とダンバルを捕まえに行く宣言してるのほんと草。

あれ、ちょっと待って。レジェンドとの共闘でパワーアップアイテムを入手って実質『動物戦隊ジュウオウジャー』なのでは?

次回はハロウィン回。えっ、まさかダイガンさんにクライアス再就職フラグが立つんですか?

燃:S 萌:A+ 笑:A+ 総:S+

エピソードリンク
第36話「フレフレ!伝説のプリキュア大集合!!」
・第38話「幸せチャージ!ハッピーハロウィン!」

映画リンク
・映画 HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ

スポンサーリンク





(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});




(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});




(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

HUG(はぐ)っと!プリキュア プリキュアミライブレス
バンダイ(BANDAI) (2018-10-20)
売り上げランキング: 610

Source: お亀納豆のラノベとニチアサまっしぐら

関連記事

声優

ラノベ

ページ上部へ戻る