【ラノベ】ウィッチクラフトアカデミア ティノと箒と魔女たちの学院【感想】

【Amazon.co.jp限定】ウィッチクラフトアカデミア 〜ティノと箒と魔女たちの学院〜 (LINE文庫エッジ創刊記念 特典: 表紙イラストデータ配信) (LINE文庫エッジ)

著:逢空 万太 イラスト:bun150

「一瞬でも目を逸らしたら、あの子はもう━━飛んでっちゃうよ」

LINE文庫エッジ2019年8月の新刊。約2日の積み。LINE文庫エッジ初体験。
創刊ラインナップにGA文庫『這いよれ!ニャル子さん』でお馴染みの万太さんが登場。取り敢えず万太さんなら買っとこうと思ったのだが。

帯にデカデカと「統括編集長 三木一馬」って書かれてるの凄いよな。著者やイラストレーターさんの名前が「あの〇〇」という感じで書かれていることは珍しくないけど、編集者の名前が客寄せに使えるってことだもんなぁ……。

舞台は箒状の道具で空を翔る競技、通称ウィッチクラフトが流行している世界。一般的に女性のみが参加する競技に憧れを抱いた少年ティノは魔女を育成するアウティスタ飛箒学院の門を叩くが……。

万太さん、まさかの特撮ネタ封印である。『仮面ライダーウィザード』の「ふぅい」くらいしか見当たらなかったぞ……。
え~、持ち味を殺しちゃったらめっちゃ無個性になってしまっただけなのでは……。

決して詰まらないわけではないが、もう万太さんの作品を読む時には何処にネタが仕込まれているか探しながら読む癖がついてしまってるからな……。
本人も自覚があるらしく、意図的に封印したそうで。まぁ、ネタ塗れのコメディで打ち切りを連発したからな……。

折角、女の子だらけの学校に男が1人というスケベハーレムシチュエーションなのに、サービスカットがほぼほぼ無いという体たらくで、何がやりたいのか理解らない……。これなら普通に共学設定で良かったのでは。

GA文庫なら2巻打ち切りコースじゃないかと思うのだが、LINE文庫の打ち切り基準ってどうなってるんだろうな。

内容と関係無いが、LINE文庫の紙質、やたら硬いな……。

燃:B- 萌:A- 笑:A- 総:A-

著者リンク
這いよれ!ニャル子さん(GA文庫、2009/04)
深山さんちのベルテイン(GA文庫、2010/12)
ヴァルキリーワークス(GA文庫、2013/04)
勇者が魔王を倒してくれない(GA文庫、2015/02)
出番ですよ!カグヤさま(GA文庫、2015/10)
ヒーローお兄ちゃんとラスボス妹 抜剣!セイケンザー(GA文庫、2017/04)

イラストリンク
ふぉーくーるあふたー(ガガガ文庫、2015/12)
パンツあたためますか?(スニーカー文庫、2017/08)

スポンサーリンク





(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});




(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});




(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Source: お亀納豆のラノベとニチアサまっしぐら

関連記事

声優

ラノベ

ページ上部へ戻る